演奏はどうなったのかという話

結局、音楽の演奏はやらないのかと聞かれたら、余り興味がないという方向にいくのでしょうか。
ないわけではないですけど、とにかく演奏が下手だと言われ続けていたのと、作り手に変わると演奏よりも、そっちに時間が行くだろうなと思う事があります。
実際、リズム感さえ鍛えて、理論が分かると、思うより下手ではないらしいです。
理論って、書道でも何でも大事ですね。
英語も片言でも通じますけど、どうしてこういう風になっているのかと分かると、全てに応用が利くのと同じですよね。

音楽の理論は、五線譜が読める事と、コードワークと、後なんでしたっけ。
演奏する気力がないのと、独学は行き詰まるため、学んでいませんでしたが、後一つあった気がしました。
理論をそれ程問わない音楽もあると思います。やはり三味線でしょうかね。
三味線の理論って、思うほど深いものではないです。それに弾くだけでしたら、考えるより簡単です。楽器が高いだけです。

そんなこんなで、作り手に変わると、演奏ってどうなったのと思うくらい、興味がなくなりました。
ちょっとやっておきたいと思う事はありますけど、そもそもj-popなんかにも興味はありませんし、好きなジャンルなら、覚えたいくらいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>