バカ息子と決めつけたいのは変わらないようですね

親も昔からああなんですよね。
寝てばかりいるニートの駄目息子って固定観念が強いんですよね。
こういうのは、他人が他人である以上、避けられないものです。
人によっては性格というものがあり、変な癖があります。例えば、自分が睡眠薬を飲んで忘れて、それをバカ息子のせいにするというのに、悪気はないけど、何も期待していないという考え方でしょう。
何も期待してないと、こちらも期待してないんですよね。
どうでもいいやって思います。

親には感謝する部分も強いです。
単純にただ飯、ただ風呂という事ですが、それ以外に、色々デメリットもあります。
実際、一人暮らしをしたら、それはそれで金の問題で困ってしまいます。
だから、親元にいて、まず借金の返済という事です。
それと人付き合いですよね。

こういう親子喧嘩って、どうしても年を取ると、諦めも出るでしょうし、それはそれで仕方のない部分もあるのです。
とはいえ、やれやれと言いたくもなりますね。

自分は病気なわけですけど、もう治ってきてはいるのですが、60から人間は何故か、酷く頑固になり、決めつけるようになります。
65を過ぎると、固定観念で融通が全く効かなくなるというのは明白です。だから上手く合わせるのが一番良いと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>