ダイエットによる肉割れについて

急激に太ったり痩せたりすると、太ももやヒップ、お腹や二の腕などに線のようなものができてしまします。
これは肉割れと呼ばれるもので、体重の変化に皮膚などが付いていけなくなり、肌の奥の奥の細胞が傷ついてしまって筋ができてしまいます。

妊娠線も肉割れの一種で、どんどん大きくなっていくお腹に皮膚が耐え切れず、真皮層のコラーゲンなどが断裂されてしまって、それが妊娠線として現れてしまいます。

このような肉割れを起こさないためにも、しっかりと予防しておくのが大切です。
肉割れが起きやすいお尻や太もももなどを日ごろからしっかりと保湿して、皮膚の滑らかさをキープしておきましょう。

また、急激に太ったり痩せたりしないように、体重コントロールをするのが大切です。
時間をかけて痩せることによって肉割れを防げますから、計画立てたダイエットをするようにしましょう。

基本的には肉割れはできてしまったらセルフケアで治すのは難しいです。
表皮の細胞の入れ替わりは部位にもよりますが、約1ヶ月程度で、それに対して真皮は5、6年ほどかかってしまいます。
そのため、薄くするのに相当の時間がかかり、完全に消すことは難しいです。

肉割れを消してしまいたいなら、美容クリニックでレーザー治療などを受けるのが良いでしょう。

他の方法としては肉割れクリームを使う方法がオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>